つのおブログ

2016年2月22日 月曜日

心筋梗塞、狭心症、動脈硬化に効果的なNa-キレーションについて

虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)、動脈硬化には主にNa-キレーションが頻用されます。
Na-EDTAがまず有害重金属(カドニウム(タバコに多い)、鉛、過剰な鉄)を除去し、フリーラジカルの発生を抑えコレステロールの酸化を防止します。
さらに出来てしまった動脈硬化プラーク沈着したカルシウムを除去し動脈硬化巣を縮退させていきます。

ただ、Na-EDTAは水銀の除去は苦手で、DMSA経口服用との併用が最適です。



投稿者 つのおクリニック | 記事URL

2016年2月18日 木曜日

脳点滴をはじめました!

アルツハイマー病、パーキンソン病、統合失調症、うつ病をはじめ脳疾患の多くが慢性炎症をベースに発症していることが明らかになっています。
躁うつ病に使われるリチウム(まだ十分に作用機序は分かっていませんが)が、抗炎症作用を持っていることからも、この作業仮説が裏付けられています。
今回当院では、グルタチオンをはじめ抗酸化作用、抗炎症作用を有する生体内物質のみを組み合わせ、中枢神経系の疾患を治療する点滴を開発しました。
人工化学合成物質は含まれていません。

適応は:
認知症(アルハイマー型、レビー小体型、脳血管型)、パーキンゾン病
うつ病、躁うつ病、統合失調症
自閉症、発達障害
線維筋痛症、慢性疼痛
脳血管障害(脳卒中)、脳外傷
多発性硬化症
脊髄損傷


さらに炎症を基礎とする疾患:
動脈硬化
膵炎


経験的には、腰痛にもよいです。

炎症を防御しますので、炎症を基礎にした疾患すべてに適応可能です。

1回 ¥10,800(税込)

是非お気軽にお問い合わせください。

投稿者 つのおクリニック | 記事URL

2016年2月12日 金曜日

オゾン療法・血液クレンジングが物が見えにくくなる目の病気に有効

点滴療法研究会から以下の報告がありました。
皆様にお知らせします。

自家血オゾン療法(血液クレンジング)が加齢黄斑部変性症に有効

2012年に自家血オゾン療法が加齢黄斑部変性症に有効であるとシエナ大学(イタリア)のボッチ教授のグループが発表しました。

140人の加齢黄斑部変性症の患者を2群に分け、
治療群には1年間に27回の自家血オゾン療法(MAH)を行い、視力について対照群と比較しました。
その結果MAHを受けたグループは視力が4%〜25%改善、一方で対照群の改善は0%でした(p<0.05)。MAHの安全性も問題はなかった。
酸化・抗酸化指標を検討したところ、MAHは酸化レベルを減少させ、抗酸化システムを刺激して抗酸化レベルが増加することが明らかになりました。

Borrelli E, Diadori A, Zalaffi A, Bocci V.:
Effects of major ozonated autohemotherapy in the treatment of dry age related maculardegeneration:
a randomized controlled clinical study. Int J Ophthalmol. 2012;5(6):708-13

投稿者 つのおクリニック | 記事URL