つのおブログ

2015年8月20日 木曜日

亜鉛 Zn について

亜鉛は重要な必須有用金属で、これなくては生命現象は成り立ちません。
数多くの酵素に結合して補酵素となり、その酵素活性を発現します。
身近なところでは、脂肪燃焼酵素の働きを助けています

亜鉛が欠乏すると、脱毛、貧血、血圧上昇、骨粗しょう症、腎障害、インポテンツをおこします。
味覚障害をおこし、食欲不振になります。

亜鉛はコラーゲン合成に必要で美肌のもとになり
欠乏すると、肌のかさつき、皮膚炎、アトピー性皮膚炎のもとになります。

精神症状では、うつ状態、情緒不安定、不安、ストレス、めまいを呈します。
インスタント食品では亜鉛含有量が少なく、これらを多食する若者がキレやすいのは
亜鉛不足も一因になっているのではないかと言われています。

さらに重要なことは、亜鉛は、カドニウム、水銀、鉛、ヒ素など有害金属と
結合部位を競合し、これら有害金属を追い出し、体外に排泄する作用を持つことです

1日30mg摂取をお勧めします。
1か月分 2050円(税込)

投稿者 つのおクリニック | 記事URL

2015年8月18日 火曜日

レスベラトロールについて

2006年Natureにでた論文で一躍有名になりました。
レベラトロールを摂っていると、延命効果と運動能力の向上がみられたのです。
これは、エネルギー産生工場であるミトコンドリアの機能をレスベラトロールが増加させるためで、炭水化物と脂肪を燃焼させエネルギー物質ATPを造らせ、さらに脂肪細胞の肥大化を抑制します。

認知症は、βアミロイド物質の蓄積で発症しますが、
この蓄積を抑制し、シナプス機能を強化し、認知症を予防し、進展を防ぎます。

抗ガン効果も報告されています。
とくに乳ガンについてはその抗ガン効果のメカニズムも解明されています

レスベラトロールは長寿遺伝子SIRT1を活性化し、テロメア短縮を抑制し
細胞、さらに個体の寿命を延ばします。

同じ遺伝子を介して、陰茎海綿体NO合成酵素を活性化し、勃起を促します。
とくにレビトラとの相乗効果は強いものです。

トランス型のレスベラトロールを1日50~300mg摂ることをお勧めします。

投稿者 つのおクリニック | 記事URL

2015年8月17日 月曜日

高濃度ビタミンC

ビタミンCは、生体内で強力な抗酸化能をもつため
すぐに消費されること、さらに水溶性であるためすぐに排泄されてしまいます
とくに以下の方は不足しがちです。
 喫煙者
 高齢者
 寒冷や高温にさらされる
 アルコール多飲
 汚染物質の多い環境
 つよいストレスに曝される
 担ガン患者
 外傷や外科手術後
 はげしい運動


予防医学的な1日必要量(経口)は
500~10,000mgとされます。
30年前と比べ野菜に含まれるビタミンCの量は
ほぼ半分になっています。サプリメントで補充する必要があります

もう一つ重要なことは、
ビタミンC に抗ガン効果があることです。
血中濃度を400 mg/dlに上げることで、
ガン細胞を死滅させることが出来ます。
この場合は点滴操作が必要になります。

投稿者 つのおクリニック | 記事URL