つのおブログ

2016年3月29日 火曜日

ガンと認知症の、オゾン療法による予防

酸化療法セミナー(第11回、日本酸化療法医学会)からの報告です。
全く健康であっても、腫瘍マーカーが高い人がいます。
とくにガン家系に属している方は顕在性の癌に進展する可能性が無視できないと考えられ、やはり注意が必要です。

たとえば、Stn(胃癌)、Her2(乳癌)、CA125(卵巣癌)などのマーカーが高い人が、月2回、1年間のオゾン療法で正常化しました

認知症も顕在化する前に、予防することが大切です。
MMSEで認知症と診断されてからではもはや元に戻すことはほぼ不可能です。
その前のMCI(軽度認知障害)の段階でなら
月2回、1年間のオゾン療法で認知症に進展するのを防ぐことが出来ます

(認知症については、当院の脳点滴もお勧めです。)



投稿者 つのおクリニック