つのおブログ

2015年8月18日 火曜日

レスベラトロールについて

2006年Natureにでた論文で一躍有名になりました。
レベラトロールを摂っていると、延命効果と運動能力の向上がみられたのです。
これは、エネルギー産生工場であるミトコンドリアの機能をレスベラトロールが増加させるためで、炭水化物と脂肪を燃焼させエネルギー物質ATPを造らせ、さらに脂肪細胞の肥大化を抑制します。

認知症は、βアミロイド物質の蓄積で発症しますが、
この蓄積を抑制し、シナプス機能を強化し、認知症を予防し、進展を防ぎます。

抗ガン効果も報告されています。
とくに乳ガンについてはその抗ガン効果のメカニズムも解明されています

レスベラトロールは長寿遺伝子SIRT1を活性化し、テロメア短縮を抑制し
細胞、さらに個体の寿命を延ばします。

同じ遺伝子を介して、陰茎海綿体NO合成酵素を活性化し、勃起を促します。
とくにレビトラとの相乗効果は強いものです。

トランス型のレスベラトロールを1日50~300mg摂ることをお勧めします。

投稿者 つのおクリニック