つのおブログ

2014年10月29日 水曜日

人工甘味料をとり過ぎると糖尿病になる!?人工甘味料と血糖値について

人工甘味料が糖を分解できないグルコース不耐症と代謝性疾患(代謝異常)を起こすのは、腸内細菌の構成と機能を変化させるためだということがイスラエルの研究で分かりました。

グルコース不耐症は、食事に含まれる大量の糖質を適切に処理できない状態で、メタボリック症候群や糖尿病への第1歩と言われています。

研究チームは、人工甘味料がグルコース代謝に直接的な影響を及ぼすことを明らかにしました。
3種類の一般的な人工甘味料をマウスに与えたところ、グルコース不耐症が発現することを発見しました。
対照実験として砂糖を含んだ場合よりもグルコース不耐症が発現が強いことが分かりました。
マウスの種類を変え、人工甘味料の種類をかえても結果は同じでした。

これらの現象は腸内細菌が人工甘味料に反応して起こるのではないかと考え、検証しました。
抗生物質を投与してマウスの腸内細菌を一掃したところ、グルコース不耐症がなくなり、不耐症マウスの腸内細菌を移植したところ、再びグルコース不耐症が発現するようになりました。

また、ヒトでも同様のことが起きるのか調べました。
個別化栄養プロジェクトのデータを用いて栄養と腸内細菌の関係を調べました。
結果、自己申告により人工甘味料の使用量と腸内細菌叢の構成、そしてグルコース不耐症の発現に関連がみられました。

次に人工甘味料を1週間飲んだ時の血糖値と腸内細菌の構成を調べました。
多くの参加者が、わずか1週間の人工甘味料の使用でグルコース不耐症の兆候が現れました。
不耐症を導く原因は、細菌が人工甘味料によって炎症を促進する物質を生産するのではないかと考えられています。

Artificial sweeteners induce glucose intolerance by altering the gut microbiota.
(Nature. 2014 Oct 9;514(7521):181-6. doi: 10.1038/nature13793. Epub 2014 Sep 17.)
http://goo.gl/v16Yfx(英語サイトへ飛びます。)


血糖値が気になる方に
血糖値が高い!なかなか下がらない!そんな方にオススメです。
レスベラトロール
レスベラトロールについて詳しくはこちら>>
食後血糖値やインスリン抵抗性、血中の糖によって
起こる酸化ストレスを改善することが分かっています。

レスベラトロールについて詳しく知りたい方は
お気軽にご連絡ください。
mobilephone0120-570-442(携帯・PHSもOK!)






投稿者 つのおクリニック