つのおブログ

2014年7月16日 水曜日

ビタミンCの増量摂取が血管健康を維持!

イギリスの研究で1日500mg以上のビタミンC摂取が、糖尿病、アテローム性動脈硬化症、心不全患者による血管機能を改善することが分かりました。

健康な被験者と患者の合計1,129名の内皮機能に及ぼすビタミンC投与の効果を調査した44件の臨床試験の結果を統合分析しました。

1日500mg以上のビタミンCの投与を受けたアテローム性動脈硬化症、糖尿病または、心不全の患者が内皮機能の改善を示し、健康な方には血管への悪影響はありませんでした。

ビタミンCは心血管疾患の二次予防のために有用な栄養介入であると考えられます。
血管の内側を覆う細胞の薄い層-内皮-血管の柔軟性を維持し、免疫系の重要な部分を形成する活性白血球の調整を含む多くの機能を果たします。
内皮機能不全は、動脈を硬化させ、慢性的に動脈に炎症を起こして高血圧の危険性を上昇させ、結果的にアテローム性動脈硬化症の発症リスクを増大させてしまいます。

内皮機能に対するビタミンCの有効な効果は、
酵素的および非酵素的合成経路の効率の高まりによる一酸化窒素の生物学的利用能の増加に起因する可能性があり、活性酸素種との交差反応性を減少させると考えられます。

Effect of vitamin C on endothelial function in health and disease: A systematic review and meta-analysis of randomised controlled trials.
(Atherosclerosis. 2014 Jul;235(1):9-20. doi:
10.1016/j.atherosclerosis.2014.04.004. Epub 2014 Apr 18.)
(参照:英字サイトに飛びます) http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24792921



投稿者 つのおクリニック