つのおブログ

2014年7月14日 月曜日

ビタミンD血中量が多いと、大腸がん患者は生存率が高い!

イギリスのエジンバラ大学の研究により、
大腸がん患者は、ビタミンDの血中量が多いと生存率が高くなることが分かりました。

大腸がんの手術を受けた患者1,600名を対象に調査したところ、
ビタミンD血中量が最高水準のグループは、最低水準のグループに比べ、大腸がんで死亡する率が半分であることが分かりました。

ビタミンD血中量が最高水準にあるグループでは、3/4の患者が5年後に生存していたのに対し、
血中量が最低水準のグループでは2/3未満しか生存していませんでした。

ビタミンDによる死亡率現象効果が高かったのは、
大腸がんステージ2(腫瘍が大きくなっているがリンパ節へ転移していない)でした。

Plasma Vitamin D Concentration Influences Survival Outcome After a Diagnosis of Colorectal Cancer.

(J Clin Oncol. 2014 Jul 7. pii: JCO.2013.54.5947.



投稿者 つのおクリニック