つのおブログ

2013年3月18日 月曜日

口腔アレルギー症候群(OAS)

口腔アレルギー症候群(OAS)とは、くだもの、野菜を食べたとき、口腔周辺のかゆみ、
イガイガ感などの軽症のものから、つよい口唇の腫脹(はれ)や咽頭の浮腫(むくみ)による閉塞感を訴え、
ときに全身の蕁麻疹(じんましん)やアナフィラキシーショックに至る病態まであります。

花粉症の時期に発症することがよくあります。これは花粉の抗原と交差反応する
果物、野菜が多いためです。

ハンノキ、シラカバ →  リンゴ、モモ、メロン
スギ、ヒノキ    →  トマト
カモガヤ      →  メロン、スイカ、キウイ
ヨモギ       →  セロリ、ニンジン
ブタクサ      →  メロン、スイカ

の関連が知られています。
これらのものを食べて、口、唇に
かゆみ、ピリピリ感、イガイガ感、腫れ
を感じたら、ご注意ください。

ひどい場合は、
全身の蕁麻疹
気管支喘息症状
アナフィラキシーショック
至ることがあり、この場合はすぐに医療機関を受診してください。

当院では96種類の食物アレルギーをしらべられる検査があります。
痛みを感じる方は一度お気軽にご相談くださいませ。
0120-570-442


投稿者 つのおクリニック