つのおブログ

2012年8月 2日 木曜日

目の病気には点滴療法!

年を取ると、あるいは最近はパソコンでの仕事が多くなったせいで
目の病気が増えています

白内障       : すりガラスを掛けたようでぼやけて見える
緑内障       : 視野が狭くなる。すすむと失明になる。
加齢黄斑変性症  : 物がゆがんだり、ぼやけて見える。
角結膜乾燥症    : 涙が出ず目が乾燥し、視力が低下。
飛蚊症                   : 蚊のような黒い点が飛んでいるように見える。

これらの原因の多くは紫外線で、活性酸素が発生するためです。

活性酸素の発生防御と除去には
高濃度ビタミンC点滴グルタチオン点滴ニンニク点滴が最適です

とくに海水浴などのや野外活動のあとは、大量の活性酸素が体内に発生し
組織を破壊していきます。

夏休み中や後は、これらの点滴療法を行って目の病気予防やシミ・シワ予防をしましょう

点滴療法のご相談は、0120-570-442(携帯・PHSOK)までお気軽にご連絡ください



投稿者 つのおクリニック