つのおブログ

2012年7月17日 火曜日

紫外線の害を防ぐ方法

日焼けの季節になりましたsun

日焼けを放置することで、シミ、シワがおおくなることを
光老化(ひかりろうか)といいますflair

地表にとどく紫外線の90%はUVAで、皮膚の奥まで到達し
じわじわと肌に悪影響をおよぼしますsign01

10%はUVB(紫外線B派)で、エネルギーがつよく、皮膚表面の細胞を傷つけ炎症をおこしますdespair

紫外線の害を防ぐには、

・帽子をかぶる、日傘を使う
・UVカットグラスをかける
・日焼け止めクリームを塗る
・衣服で肌をおおう
・紫外線のつよい9:00~15:00の外出を避ける
・日陰を利用する(地面・建物からの反射に注意)


などの工夫が必要です。

さらに日焼けの害を防ぎたい方は
紫外線により発生した活性酸素を除去するため

ビタミンC点滴
美白・美肌点滴


などの点滴療法をご利用ください。

お問い合わせは0120-570-442(携帯・PHSからもOK)までお気軽にどうぞ


投稿者 つのおクリニック